http://www.targma.jp/fbrj/ に移転しています

タグ: 福島孝一郎

難しい判定にしてしまったように思う。
36分、ジェフ千葉のパウリーニョがミドルサードからのFKで、ゴール前にインに巻くボールを送る。これに走り込んだキムが反応し、さらに裏から回ってきた金井が押し込んだ。
続きを読む

新潟VS東京戦の福島孝一郎主審と小椋剛副審にのジャッチに対する異義があります。

 

まずは、福島主審は、新潟陣内のPA内で倒れたFC東京の長谷川が、わざと倒れたのにPK判定した行為に納得していません。

 

新潟の選手が相手陣内のPK内で倒されたのに普通なら新潟のPKの判定が正解なのに、糞審判福島主審は、PK判定を流したのに、ムカつきました。

 

福島主審は、FC東京寄りのジャッチが多かったので、ムカつきました。小椋剛副審のジャッチミスには(怒り)があります。

 

小椋剛副審は、FC東京の選手が触って外に出したのに、普通なら新潟のスローインが正解なのに、FC東京のスローイン判定にしていたから、ムカつきました。

 

福島主審と小椋副審は、審判失格です。新潟が完敗したのは、福島主審と小椋副審が試合を壊したゲームです。俺は、福島主審と小椋副審は、審判の資格を剥奪して欲しいです。福島主審と小椋副審は、絶対に許しませんから。福島主審と小椋副審が新潟に来るなら、俺は、福島主審と小椋副審に試合終了迄は、ブーイングする事にしましたから。福島主審と小椋副審は、糞審判です。審判の勉強をやり直せと文句言いたいです。



Football Referee Journal


Facebookページも宣伝  続きを読む

『国立決戦』

そう銘打ち、この日に向けてヴァンフォーレ甲府スタッフは綿密な準備をしてきた。国立競技場で行われた柏×浦和戦を視察に来たり、コーチ陣は浦和の試合に常に足を運んでいた。クラブHPでもカウントダウンフォトリレを行ったり、企画で盛り立てる。多くのエンターティメントで甲府サポーターの新規獲得を行いたい。また、ビッグクラブとの対戦は、入場者数での収入も見込める。クラブの財源となるものだ。

そんな甲府にとってスペシャルな試合を任されたのは、期待の若手である福島主審だ。


Football Referee Journal


Facebookページも宣伝  続きを読む

このページのトップヘ