http://www.targma.jp/fbrj/ に移転しています

タグ: 相樂亨

117日、JFAハウス会議室において、2014FIFAワールドカップブラジル大会のレフェリーに選出された西村雄一、相樂亨、名木利幸の記者会見が行われた。

 

 

上川徹・日本サッカー協会審判委員長:

お忙しい所、お集まり頂いて、ありがとうございます。昨日、FIFAの方から2014年ブラジルW杯のリストが発表になりました。リストの名前は、258のサポートレフェリーということで、全部で33組のレフェリーチームの発表がありました。そこに、西村君、相樂君、名木君の3名が、この25名の方、実際に試合を担当する方に選ばれました。

アジアからは4つのトリオが選ばれました。非常に嬉しいことですし、W杯での活躍を期待したいと思っております。

選考についてですけども、約二年半、W杯プロジェクトということで。最初は2011年のクラブW杯、そこから二年半のプロジェクトがありまして、候補者に上がったレフェリーは52組。最終的にそこから25組に絞られた。その二年半のプロジェクトの中で、相当なプレッシャーもあったと思います。

そして、私もFIFAの審判委員会のメンバーでありますけど、アジアではもちろんですけど、彼らはFIFAの大会にも参加しています。そのFIFAのなかでも非常に高い評価を彼らは得ている。信頼を受けている声に対し、非常に嬉しく思っています。

日本人としては1998年から五大会連続で日本のレフェリーがW杯に指名される。西村君と相樂君は2010年大会に続いて。名木君は今回が初。

これまでもW杯に日本のレフェリーは呼ばれてはいるんですけど、トリオ、一つの国から三人でということはありませんでした。日本サッカー協会としても、是非、同じ国から三人をということを考えておりまして、今回、初めてになります。

色々な形で、我々審判員の成長をサポートして頂いた、協会やJリーグ、地域や各都道府県協会。またはサッカーファンの皆様に、改めて感謝を述べたいと思います。

続きを読む

審判員にとって、サッカー王国であるブラジルでのワールドカップはどのような大会になるのか。

国際審判員であり、日本サッカー協会(JFA)と契約するプロの審判員(PR)である相樂亨氏に、もう一つのワールドカップでもある「審判員たちにとってのワールドカップ」、そして「ブラジルの環境」について訊いた。


■審判員“副審”について

サッカーを始めたきっかけは、近所のお兄ちゃんたちがサッカーやっていたからです。私は男兄弟がいなかったので、近所の兄たちと一緒に遊ぶ中で自然とサッカーを始めました。審判員の資格を取得したのは、宇都宮北高校に入学してからです。サッカー部の十河正博監督が国際審判員だったことがきっかけとなりました。当時はJリーグが開幕したばかり。あの満員のピッチに、自分の所属するサッカー部の監督がいる。凄く格好良く映りました。国際審判員の高山(啓義)さんも、私と同じ高校出身ですから、十河さんの影響は大きいと思います。

 

続きを読む

このページのトップヘ