http://www.targma.jp/fbrj/ に移転しています

タグ: 岡田正義

日本サッカー協会(JFA)審判委員長・上川徹

「お忙しい中、ご参加頂き、ありがとうございます。最初に20問、判定テストを受けて頂き、その後、岡田さんから色々とご説明させて頂きます。今週土曜日のゼロックススーパーカップからシーズンが始まります。J12004年以来の2ステージ制になりますが、審判員のなかには2シーズン制を経験していない審判員もいます。2ステージ制になると、当然、ヤマが二回あります。また、レギュラーシーズン後に、ビッグゲームもあります。

昨シーズン、コミュニケーションシステムを導入できました。導入したことで、主審と副審の連携がより取れるようになりました。必要な情報なのかどうかという部分で、判断が遅れたり、お互いに任せあったりという部分もあったので、そこは改善できればと思います。

選手、チーム役員とのコミュニケーションも課題でしたが、取り組んでいます。キックオフカンファレンスでチームの監督さんと話をしたり、お互いの信頼関係を作っていければ。

選手対審判という対立関係も少なくなっていると思います。細かい部分は、これからご説明できればと思います。今日はPR(プロフェッショナルレフェリー)も参加しておりますので、彼らからも説明させて頂きますので、宜しくお願い致します。」

続きを読む

岡田正義 トップレフェリーインストラクター
「今回の研修会のテーマはJリーグで導入が予定されている電子通信システム(審判無線)についてです。
まず、装着方法や取り扱い方法を実践しました。
次に、今シーズンの試合映像を使って、試合中に主審、副審、第4の審判員が電子通信システム(審判無線)を使ってどのようにコミュニケーションを図り、的確な判定に結びつけていくかを研修しました。
最後に、電子通信システム(審判無線)は審判員間で意思の疎通を図るためには有効なツールではあるものの、主審・副審・第4の審判員がそれぞれしっかりとした判断をし、その上でコミュニケーションをとることによって的確な判定に結びつけることが大切であるということを確認した。
主審を対象としたセッションでは、Jリーグチェアマンの3つの約束から、ゴールキック・コーナーキック・選手交代等の場面で競技者が考える、遅延行為についてディスカッションしました。
その遅延行為に対し、審判員はどのような予防策や対応をすればよいかをさらに話し合いました。
次に、ハンドリング、腕や肘の不正使用、セットプレーからゴール前のホールディングについて判定基準を確認するとともに、同じチームの競技者が同時に負傷した時の対応についても確認を行いました。
研修会に参加した審判員たちが、今回の研修を通じて、選手が試合に集中し、フェアでスピーディーに、タフにプレーするすばらしいレフェリングとなるよう、期待しています。」

 

続きを読む

――近年は日本人審判員がW杯で笛を吹く姿を目の当たりにしている訳で、審判員としてW杯に出場することも夢ではない。それで、岡田さんが国分寺で笛を吹くとファウルが少ないらしいですね。笛でしまるというか。それって凄くこのDVDへのヒントだと思うのです。上川さんも「お父さんお母さんが自信なさそう」って言っていたように、堂々と笛を吹くことで変わる部分って出てくると思うんですよね。

上川:選手も「今日のレフェリーは違うな」と思うでしょうし、審判員自身も最初の笛を自信持って吹けると、勇気がもらえると思うんです(筆者注:選手も試合のファーストタッチを大事にしていたりすることが多い)。シグナルもそうですし、ちょっとしたことで、選手のレフェリーに対する感情は変わると思います。

――
そうですよね。それに観戦している親御さんたちの反応も変わるでしょう。

岡田:サッカーはグレーな部分が多いのです。選手やご父兄の方も、「いまのどうなんだろう?」というシーンがいくつもあるのです。そこで、レフェリーが白黒はっきりさせて、ビシっとすることで「あぁ、そうなんだ」と納得して貰えるのです。グレーなシーンに対し、グレーなジェスチャーしてしまうとおかしくなってしまう。

――
確かにそうですね。ただ、そのグレーなことが多くなると、試合は荒れてしまう。

岡田:確かにそういう現象はあります。ただ、自分なりに見えた通りにしっかりと行わないと、次に自信を持ってレフェリングできなくなります。カメラで確認して間違っていることだってあります。しかし、自分にはそう見えたのであれば、見えた通りに自信を持って判定するのが大事だと思います。間違っているかもで行える仕事はないですよね。もちろん、試合後の反省は必要です。

――
そういった意味ではお二人共、毅然とされていましたよね。こっちは「絶対間違っているだろ」と思うようなシーンでも(笑)。

岡田:それだけは通していました(笑)。

上川:笛を吹く、吹かない。ボールアウトのジェスチャーなど、内心はドキドキしていました。迷っている姿は見せてはいけないのです。けど、選手のリアクション見ていると「う~ん。間違った判定だったな」とわかるんですよ(苦笑)。

岡田:いっぱいあります。あとで選手の所いって「ゴメンね」と謝ったりしましたし(笑)。

上川:ただ、判定した瞬間は判定を決めているので、自信を持ってやらないと、選手が不安に感じてしまう。毅然としなければいけないのです。

岡田:レフェリーは「『アクター』になれ」って言われますからね。


続きを読む


――まず、DVD【レフェリング】について、ご感想を。
 

上川:ファウルをしてしまって、それが見逃されたとします。その時は、そのファウルがチームに利益をもたらすかもしれませんが、それを一回覚えてしまうと、人間、楽な方を選んでしまいます。抜かれてもホールディングで止めればいいと。ただ、それは選手の上達を遅らせてしまう。あと、お父さんお母さんが審判員をしている姿を見ることがあるのですが、なんとなぁく自信なさそうなのです。そこはレフェリーをやる上で凄くポイントになるんですね。(*DVDは試合中、子画面で岡田氏をアップで追っているので)そういう部分も伝わるのではないでしょうか。続きを読む

「サッカーには文学になったたくさんの孤独がある。しかし、本当に孤独なのは主審なのだ」

あのコッリーナが好きなダーヴィン・パストリンの言葉は、ある意味では「かくも多くの人が、かくも多くのことを、かくも少ない人に依存」するという特殊な状況を物語っている。

多くの人々に試合中の行動を監視され、批判される審判員という仕事は、その特殊な状況を日常としなければいけない。とはいえ、彼らはその特殊な状況に興奮を覚えているわけではない。ただ、単にサッカーが好きなだけというサッカー馬鹿の集団とも言える。

しかし、審判員に対し、敵対感情を抱いている選手やサポーターは多い。それは、スタジアムに足を運べば否が応にも感じてしまう。なかにはコミュニケーションをとろうとする主審を無視する選手や、試合前の審判員の紹介にブーイングを送るサポーターもいる。

他方で、「審判員も仲間」ということを態度で示す選手たちもいることを記しておきたい。続きを読む

このページのトップヘ