桐光、微妙判定に涙…オフサイド?線審の旗上がるも笛ならず

相手の決勝点は一度は線審の旗が上がったため、守備陣が動きを止めてしまっての失点。DF宮野は「旗が上がったので(オフサイドは)確実かなと思った。でも、そこで足を止めてしまったのはミス」と自らを責めた。

鈴木監督は「子供たちは一生懸命やっていたが、“大人の力”で試合が決まってしまったのは残念。選手には社会に出ても理不尽なことはあると伝えました」と、試合後も納得のいかない表情。8月に亡くなったチームメートの大西さんのためにも上位進出を誓っていたが、果たせなかった。



これだけを読むと、どのような判定があったのか分からない。

映像、そして文章で振り返ってみたい。

Football Referee Journal


Facebookページも宣伝

 

続きを読む