「(あの判定は)酒を飲まなきゃ忘れられない。審判の裁定で選手の苦労が報われなかった。はらわたが煮えくりかえっている。これでは日本のレベルは上がらない。だから(日本代表は)セルビアにも負ける。」

 

天皇杯3回戦、松本山雅×サガン鳥栖戦。同点で迎えた延長、クロスに反応した豊田が、裏から押されたということでPKとなる。これが決勝点となり、反町監督率いる松本山雅は終戦を迎えることになった。

続きを読む