■コパ・デル・レイ2012準々決勝 レアルマドリード×バレンシア ムニス・フェルナンデス審判団評:1


両者の見解は真っ向から対立する。


レアルマドリードのR・カルバーリョは「最近の数試合で、僕たちは10人で試合を終えていた。今回も、審判は両チームに公平だったと思う」と語ったが、


バレンシアのソルダードは、

「サンチャゴ・ベルナベウに来て、主審や副審がああやってミスをするのを見るなんてね。
僕らは(マドリーと前回戦った時に審判への不満があったが)黙っていた。
彼らはかなり審判たちに不満を述べている。それがこの結果だ。レフェリーが一度ミスすることはあり得る。でも、これほど多くのミスはないよ。考えさせられる。
審判たちは、マドリー相手にミスをするというプレッシャーが嫌なんだ。
ミッドウィークにずっと審判について話すのが役に立つのなら、体制側がコントロールすべきだと思う。マドリーからの主張はスポーツの役に立たない」。


というのも、この試合での前日会見で、ディ・マリアが、リーガ前節オサスナ戦(0-0)でカカーが退場したことについて問われ、


「最近の審判は、僕たちへの判定で間違いを犯し続けている。サッカーではそういうことが起こるものなんだ。カカーの件について、最初のイエローカードの場面で、ひじ打ちなど見られなかった。2枚目は運が悪かったとしか言いようがない。ライバルは退場を求めてプレーしていた。
あなたたち(報道陣)は、審判がマドリーに対して間違いを犯していることを知っているはずだ。現在の僕たちは、どんな馬鹿げたことでも退場とされてしまう。
審判の過ちはミスによるものじゃない」
とモウリーニョ監督さながらに匂わせる。
続きを読む