このリーガ最高峰のビッグマッチを任されたのは、リーガエスパニョーラの現役のレフェリーの中で最も笛を吹いており、歴代でも2位の経験を持つペレス・ラサ主審。


試合は、先日行われた国王杯とはうってかわって、意外にも立ち上がりは激しくない。

しかし、逆にこの方が主審にとって難しい。基準を示す場がないからだ。そんな中、6分にゴールが生まれるなど、神経を使う展開になる。

Football Referee Journal

Facebookページも宣伝

 

続きを読む