フランスフットボール誌によると、ヤヤ・トゥーレはブラジル大会でのレフェリングに納得していないようだ。

「僕は、サマラスのシミュレーションを止めるよう必死に審判に求めたよ。だが判定は僕らに味方しなかった。日本戦で、僕らは少なくとも2つのペナルティーを拒否されたよ。そしてギリシャ戦では、(PKが)でっち上げられた。」

日本代表57プレコートジボワールPK要求当然。それが議論とならなかったことに、ヤヤ・トゥーレは「(チーム以外の)誰も動揺しなかったよ、なぜならアフリカのチームのことだからね」と、世論が動かなかったことに疑問を呈する。

とは言え、ブラジル大会に召集されたレフェリーたちは、公平な精神を持っている。それは、この試合を振り返っても一目瞭然だ。続きを読む