http://www.targma.jp/fbrj/ に移転しています

Category: インタビュー

清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP)で行われた「2014 開幕前審判員合同トレーニングキャンプ(主審)」の中日に、メディア対応が行われた。

 

 

■上川徹JFA審判委員会委員長

 

―今回のW杯は、はじめての日本人三人になりますけど、どのように感じていますか?

 

 

まぁFIFAのポリシーというか、出来ればトリオは同じ国で。それは今回スタートしたのではなくて、その前からあったんですけどもね、なかなかアジアの考えもあって、今までは韓国から副審が一人。ですけど、十分に日本の副審もレベルが高いですし、今回こうやって三人選ばれたというのは、彼らも凄い頑張って、良いパフォーマンスを常に示してくれましたけど、ある意味そこの三人の、最初に三人を候補としてあげるところの段階で、日本に対する、これまでの取り組みであるとか、これまでの実績であるとか。あるいは日本代表が強いというのも一つだと思いますし。そういうものが総合的に評価されたのだと思います。“日本のレフェリーは三人で”となったんじゃないかなと思っています。まぁ、実際、僕もFIFAのレフェリーの中にいて、その日本の審判への評価というのはいつも高いので、この結果につながったのだと思います。

 

 

―改めてになってしまうのですが、西村さん、相楽さん、名木さんの良い所というのは?

 

 

まずはトリオっていうかね、そのチーム力というのは非常に高いなという風に思います。それぞれのパフォーマンスも高いですしね、その三人の協力関係というか、コミュニケーションも含めてがひとつあって、個人個人だと西村なんかは、経験もありますしね、特に彼の良い所は動きというか、ポジショニングというか。非常に見ている人も、選手も納得するような位置で常に見て、判定を下している。やっぱりそこは大きなストロングポイントだという風に思っております。相楽君については、俊敏性やフィジカルの部分も西村君と同じように高い。特にそのポジショニング。副審はポジショニングが重要になってくるんで、常にセカンドディフェンダー、オフサイドラインをキープできていて、プラス正しい判定が下されているということが挙げられると思います。名木君については今回、彼にとっては最初で最後のW杯のチャンスになると思いますけど、凄い研究熱心ですし、色々なチームも、彼なりに調べているし、そういう部分で、ポジションが良いのは当たり前なんですけど、そういうものも色々、自分の判定にかぶせてきてというか。で、正しい判定に繋げていく。ファウルサポートなんかもしっかりと出来ている。

個人個人も凄いですけど、やっぱりもう三人の総合力。チームとしての力。僕はもう世界のトップクラスにあると思います。

 

 

―上川さん自身も国際経験が豊富な訳ですけど、抽象的な質問ですが、良い審判とは?

 

 

良い審判ですか。あのーまったく何もしないというのは審判やっていても寂しい所であるんですけど、やっぱり最初の10分、15分ですよ。そこでしっかりと審判のメッセージが、レフェリングが伝わって、あとはもう選手が、そのメッセージ、あるいはレフェリーの判断基準をちゃんと自分らで理解しながら、どんどんどんどんプレーが流れていく。最終的には、「あ、審判いたの?」というのが、僕は良い審判の、なんていうかな、資質かなという風に思います。ただ、全てが全てね、そういう風に流れることはないんで。

あとは、良い審判というのは、やっぱり、何か大きな事象が起きた時に、結果とか、あるいは得点とか、そういうものに流されずに、自身をもって、毅然に判断を下せることですかね。

続きを読む

117日、JFAハウス会議室において、2014FIFAワールドカップブラジル大会のレフェリーに選出された西村雄一、相樂亨、名木利幸の記者会見が行われた。

 

 

上川徹・日本サッカー協会審判委員長:

お忙しい所、お集まり頂いて、ありがとうございます。昨日、FIFAの方から2014年ブラジルW杯のリストが発表になりました。リストの名前は、258のサポートレフェリーということで、全部で33組のレフェリーチームの発表がありました。そこに、西村君、相樂君、名木君の3名が、この25名の方、実際に試合を担当する方に選ばれました。

アジアからは4つのトリオが選ばれました。非常に嬉しいことですし、W杯での活躍を期待したいと思っております。

選考についてですけども、約二年半、W杯プロジェクトということで。最初は2011年のクラブW杯、そこから二年半のプロジェクトがありまして、候補者に上がったレフェリーは52組。最終的にそこから25組に絞られた。その二年半のプロジェクトの中で、相当なプレッシャーもあったと思います。

そして、私もFIFAの審判委員会のメンバーでありますけど、アジアではもちろんですけど、彼らはFIFAの大会にも参加しています。そのFIFAのなかでも非常に高い評価を彼らは得ている。信頼を受けている声に対し、非常に嬉しく思っています。

日本人としては1998年から五大会連続で日本のレフェリーがW杯に指名される。西村君と相樂君は2010年大会に続いて。名木君は今回が初。

これまでもW杯に日本のレフェリーは呼ばれてはいるんですけど、トリオ、一つの国から三人でということはありませんでした。日本サッカー協会としても、是非、同じ国から三人をということを考えておりまして、今回、初めてになります。

色々な形で、我々審判員の成長をサポートして頂いた、協会やJリーグ、地域や各都道府県協会。またはサッカーファンの皆様に、改めて感謝を述べたいと思います。

続きを読む

――近年は日本人審判員がW杯で笛を吹く姿を目の当たりにしている訳で、審判員としてW杯に出場することも夢ではない。それで、岡田さんが国分寺で笛を吹くとファウルが少ないらしいですね。笛でしまるというか。それって凄くこのDVDへのヒントだと思うのです。上川さんも「お父さんお母さんが自信なさそう」って言っていたように、堂々と笛を吹くことで変わる部分って出てくると思うんですよね。

上川:選手も「今日のレフェリーは違うな」と思うでしょうし、審判員自身も最初の笛を自信持って吹けると、勇気がもらえると思うんです(筆者注:選手も試合のファーストタッチを大事にしていたりすることが多い)。シグナルもそうですし、ちょっとしたことで、選手のレフェリーに対する感情は変わると思います。

――
そうですよね。それに観戦している親御さんたちの反応も変わるでしょう。

岡田:サッカーはグレーな部分が多いのです。選手やご父兄の方も、「いまのどうなんだろう?」というシーンがいくつもあるのです。そこで、レフェリーが白黒はっきりさせて、ビシっとすることで「あぁ、そうなんだ」と納得して貰えるのです。グレーなシーンに対し、グレーなジェスチャーしてしまうとおかしくなってしまう。

――
確かにそうですね。ただ、そのグレーなことが多くなると、試合は荒れてしまう。

岡田:確かにそういう現象はあります。ただ、自分なりに見えた通りにしっかりと行わないと、次に自信を持ってレフェリングできなくなります。カメラで確認して間違っていることだってあります。しかし、自分にはそう見えたのであれば、見えた通りに自信を持って判定するのが大事だと思います。間違っているかもで行える仕事はないですよね。もちろん、試合後の反省は必要です。

――
そういった意味ではお二人共、毅然とされていましたよね。こっちは「絶対間違っているだろ」と思うようなシーンでも(笑)。

岡田:それだけは通していました(笑)。

上川:笛を吹く、吹かない。ボールアウトのジェスチャーなど、内心はドキドキしていました。迷っている姿は見せてはいけないのです。けど、選手のリアクション見ていると「う~ん。間違った判定だったな」とわかるんですよ(苦笑)。

岡田:いっぱいあります。あとで選手の所いって「ゴメンね」と謝ったりしましたし(笑)。

上川:ただ、判定した瞬間は判定を決めているので、自信を持ってやらないと、選手が不安に感じてしまう。毅然としなければいけないのです。

岡田:レフェリーは「『アクター』になれ」って言われますからね。


続きを読む


――まず、DVD【レフェリング】について、ご感想を。
 

上川:ファウルをしてしまって、それが見逃されたとします。その時は、そのファウルがチームに利益をもたらすかもしれませんが、それを一回覚えてしまうと、人間、楽な方を選んでしまいます。抜かれてもホールディングで止めればいいと。ただ、それは選手の上達を遅らせてしまう。あと、お父さんお母さんが審判員をしている姿を見ることがあるのですが、なんとなぁく自信なさそうなのです。そこはレフェリーをやる上で凄くポイントになるんですね。(*DVDは試合中、子画面で岡田氏をアップで追っているので)そういう部分も伝わるのではないでしょうか。続きを読む

Football Referee Journal

Facebookページも宣伝


―(スチール代表者)色々と分かれて練習されていましたが、どのような狙いがあったのでしょうか?


ゴール前の練習は、判定を間違ってはいけないポイントですね。そこに、フィジカルを入れました。
廣嶋(禎数:JFAトップレフェリーインストラクター)さんのブロックは、レフェリーとアシスタントが協力しながらトレーニングします。その中で、レフェリー、そしてアシスタントのポジション、視点からお互いの判定はどう見えているのか。
中央で行っていた練習は、まずスプリントがあって、そこからジャッジします。選手の意図、悪さっていうんですかね。それを感じるっていうトレーニングですね。
全てに共通しているのは、立っているのではなく、動きながらです。実際のレフェリーは心拍数が上がっていますから。


―合宿の軸みたいなものはあるのでしょうか?


今回は『ピラーストリングス』というのですね。真ん中の自分の柱。昔でいうと、体の軸、センターっていう言葉を使っていたんですけど、最近はピラーという言葉を使っていまして。真ん中がブレないようにというものですね。柱が走る時も、曲がったりブレたりしないように体を使おう。これによって、加速のメリット、走り出しの速さが生まれます。そして、加速した後にブレないというのは、しっかりと止まることにも繋がります。姿勢が改善されれば、無駄な力で走るということがなくなる。疲労の軽減になります。疲労は肉体だけではなく、頭もそうですよね。


―レフェリーの方が、笛を吹く(判定する)ことで重要になるポイントというのは?


やはり心拍が上がった状態、ドキドキしながら判断しなければいけないというのは凄く大変です。しかも、レフェリーは、走れるようになることが目的ではないですよね。しっかりと走った後に、判定できるということが大切です。ランナーのように、まっすぐ早くだけではダメですよ、と。


―じゃあ、選手とはまた違いますね。


選手とは別物です。選手みたいにボールは蹴りません。接触もありません。ただ、選手と同じ要素もあります。加速、動き出しの要素ですね。止まること。止まってから、次のリアクションに繋げる動作。そういったことは共通した要素ですね。


―普段注目されないけど、悪いと注目される大変な職業ですよね。


私もこの仕事について六年目なのですが、こういう仕事があるんだなと。それまでチームにいたので、どちらかというと異議も言ってましたし(笑)。いずれにせよ、レフェリーはサッカーにおいて、凄く大事な存在ですよね。選手は過酷なトレーニングで、心身ともに開幕に合わせている。我々レフェリーも合わせようというのが、このトレーニングでもありますね。
レフェリーの世界で圧倒的に足りないのは、ストリングスへのアプローチが少ないんですね。だいたい「トレーニングしてください」というと、自宅に帰って走ることとか、たまに泳ぎますとか。選手のように腿を鍛えたりとか、お腹を鍛えたりとか。そのような発想が少ない。そのピラー、柱を作るためには、真ん中の筋肉をしっかり使えなければいけないですね。
続きを読む

今年に入り、タイプレミアリーグという名前がメディアに多く登場するようになった。
Jリーグがタイプレミアリーグと提携したり、またクラブ同士の交流もある。Number誌では、「J2やJFLよりタイリーグ?」というレポートも掲載されたくらいに、その評価が高まっている。
とはいえ、失礼を承知で言えば、タイに渡った選手は、Jのトップから退いたようにうつる選手ばかり。実際の所はどうなのか。その質問に適任な人物がいた。今年に入り、タイサッカー協会からの依頼で、タイのビッグマッチの主審を務めた村上伸次氏だ。Jリーグのトップの舞台で主審を務めるPR(日本サッカー協会:JFAと契約するプロの審判員)である村上氏の目に、タイサッカーはどのように映ったか? 話を訊いた。
続きを読む

このページのトップヘ