逆転でのJ1自動昇格を目指すアビスパ福岡。対するは下位のFC岐阜。その試合を任されたのは飯田淳平主審だ。大分トリニータ×ジュビロ磐田戦を若手のレフェリーが務めていることから考えると、意外な割り当てである。

立ち上がり10秒。岡根が痛むが、互いにボールにプレーしておりノーファウルは妥当。試合を止めるタイミングもサンフレッチェ広島×ガンバ大阪の反省を踏まえ、すぐにドロップボールで対応する。ただ、この時に岡根が主審の許可を得ず、ピッチに戻ってしまい【無許可入】で警告。岡根は“副審に言った”と食い下がるが、主審の承認を得る必要があった。副審にコミュニケーションシステムで伝えてもらえば、といったところだ。

4分、ウェリントンを引っかけたファウル。6分の腕はアクシデンタル的としたか。11分にはCK前に注意を与え、未然に防ぐ。

また、ファウルの起きた地点にすぐに駆け寄り、選手のエキサイトを防ぐなど、存在感をみせる。15分のノーファウルも、ボールにプレーできているため。

 

迎えた25分。

ファウルアピールを続けていたウェリントンが、渡邊にファウルした後に頭を叩いていた。この行為には>>>続き・採点は、www.fbrj.jpをご覧下さい。有料サイトへのご登録は、審判員取材維持の支えになります!

 

足ゆび力 ~つま先を使うだけで一生健康でいられる~
石井 紘人
ガイドワークス
売り上げランキング: 1,146