主審を務めるのは、FBRJ初登場の中国のフー・ミン主審。

2分、香川の足に影響したため、しっかりとファウルをとる。一方で2分の吉田のチャージはボールにプレーできているため、ノーファウルとする。良い基準だ。9分の槙野へのプッシングも妥当。11分の岡崎のフリーランニングに対する腕はギリギリか。

30分、抜かれてPA内に進入された所をホールドで止めた槙野に警告。30分の長友のファウルも腕をフォーカスされた。34分の槙野のファウルも、先に槙野が手を使った所をフォーカスしたのだろう。

 

迎えた46分。

PA内でのヘディングの折り返しのこぼれ球に反応した香川に対し、シンガポール選手がボールではなく、体当たりのようなチャージをしたためPKに。【無謀】としなかったのはギリギリか。このシーンには、シンガポール選手の守備経験の少なさが凝縮されていたように感じる。
 
足ゆび力 ~つま先を使うだけで一生健康でいられる~
石井 紘人
ガイドワークス
売り上げランキング: 375,867

50分のファウルも前半の基準通り腕をフォーカス。51分のオウンゴール時の接触も、GKが飛び出したための見方同士の接触というのをしっかりと見極めた。57分、交わされたところで体当たりする格好になった山口に【無謀】なチャージで警告。

79分にはソスに警告が与えられたようだが、現地取材にいっていないため、公式記録がなく何とも言えない。また、86分の本田が倒れたシーンは、両手をあげながら倒れたのが、貰いにいったと見られたか。

 

86分の議論はあるが、フー・ミン主審は妥当に試合を終わらせたと思う。最終予選でも笛を吹くことがありそうだ。

>>>採点・コメントの議論は、www.fbrj.jpをご覧下さい。有料サイトへのご登録は、審判員取材維持の支えになります!