今季、【得点の機会阻止】で議論になったガンバ大阪×川崎フロンターレ戦との大きな違いは、守備側競技者のポジションだろう。ガンバ大阪×川崎フロンターレ戦では、ボールを持っている大久保に対し、藤春というカバーリングがいた。しかし、この試合では、>>>続きは、www.fbrj.jpをご覧下さい。FBRJでは審判批評がほぼ三日に一度更新されています。また月に三回、コラムを中心に審判員へのインタビューかノンフィクション、『夏嶋隆の理論』を掲載・配信。ご登録は一ヶ月500円(二ヶ月から1000円から)。
詳しくはサイト右側を。