吉田寿光主審も、その議論は大歓迎だと思う。

2014J132節、浦和レッズ×ガンバ大阪戦後、ペトロビッチ監督は「微妙な判定があった。優勝がかかった試合のポイントとなったシーンだったが、試合後にメディアでそのことの議論が全くないことは興味深い。重要なゲームなら、判定一つでゆくえは左右される。なぜその部分を議論されることがないのか」と判定への議論を投げかけたと日刊スポーツが報じている。

そのシーンは、前半の40分。

40分、李が倒れたスライディングは、ボールにプレーできているためノーファウルとするが、ボールアウトの判定にGK東口が異議を唱えたため、警告。ゲームを締める意味もあるだろう。48分のパトリックが倒れたシーンは、貰いにいったということでノーファウルとする。直後の李のプレーも、ボールにプレーできているため基準通りノーファウルとする。

ペトロビッチ監督は、「倒された後のボールは相手GKがキャッチしたようにも見えた。PKでないなら、李にシミュレーションのイエローカードが出るのではないだろうか。なぜCKだったのかも疑問が残る。見えざる力が働いているとしか思えない」と指摘したらしいが、これは的を射ていない。

FBRJにて)

しかし、そう言いたくなるペトロビッチ監督の心情も分かる。

というのも、「前半戦の柏戦でもペナルティーエリアの50センチ外でPKを取られた。なぜそういう判定をするのか懐疑的に思う」と付け加えたように、吉田主審への不信感があるからだ。

その試合とは、浦和が2-3で柏に敗れた試合。私の目からみても、吉田主審にはミスがあった。

>>>全文1,400文字・採点は、www.fbrj.jpをご覧下さい。
FBRJ
では審判批評がほぼ二日に一度更新されています。また隔週でコラムを中心に審判員へのインタビューやノンフィクションも掲載。さらに、石井紘人レポート的なJリーグマッチレポート『Jリーグ紀行』メルマガが月に二回、『夏嶋隆の理論』を月に一回配信されます。ご登録は一ヶ月500円(二ヶ月から1000円から)。
詳しくはサイト右側を。