J1昇格が決定するかもしれないビッグマッチ。割り当てられたのは、飯田淳平主審だ。適任であり、日本サッカー協会審判委員会からの期待も感じる。
足指をまげるだけで腰痛は治る!
ぴあ (2014-10-03)
売り上げランキング: 8

キックオフから松本山雅がロングシュートを狙ったが、飯田主審はしっかりとついていけていた。しっかりと試合に入れている。2分には、足を高く上げたファウルをとり、ジェスチャーで明瞭に示す。FKのマネジメントも歩数を口でいうなど表現力が意識されている。3分のハンドの見極め、6分の影響していないというジャッジも的確だ。11分にもプッシング。直後の競り合いはプシュニク監督がファウルをアピールするが、互いにボールに競れており、「(アピールは)いつも通り」(宮澤ミシェル)というものだ。

>>>続き450文字・採点は、www.fbrj.jpをご覧下さい。
FBRJ
では審判批評がほぼ二日に一度更新されています。また隔週でコラムを中心に審判員へのインタビューやノンフィクションも掲載。さらに、石井紘人レポート的なJリーグマッチレポート『Jリーグ紀行』メルマガが月に二回、『夏嶋隆の理論』を月に一回配信されます。ご登録は一ヶ月500円(二ヶ月から1000円から)。
詳しくはサイト右側を。