ハビエル・アギーレ監督は、視察したJリーグ3試合について「フレンドリーマッチのようだった。ズル賢さに欠ける。選手はすぐに倒れ、よく水を飲む。メキシコ、スペインでは死ぬか、生きるかのプレーを見せるのに。そういうものは代表レベルにも影響してくるものだ」(スポニチアネックス)と振り返ったという。

この試合では、Jリーグの選手たちはどのようにプレーしたのか。

主審を務めたのは、キリンチャレンジカップを割り当てられることが多いビース主審2分、柿谷がボールを奪われた後に、カウンターをホールドで止めた柴崎のファウル。厳しい注意があってもおかしくないが、 >>>続き680文字は、www.fbrj.jpをご覧下さい。
FBRJ
では審判批評がほぼ二日に一度更新されています。また隔週でコラムを中心に審判員へのインタビューやノンフィクションも掲載。さらに、石井紘人レポート的なJリーグマッチレポート『Jリーグ紀行』メルマガが月に二回、『夏嶋隆の理論』を月に一回配信されます。ご登録は一ヶ月500円(二ヶ月から1000円から)。
詳しくはサイト右側を。