立ち上がり2分。試合を左右する大きな笛が鳴った。

裏に抜けて走る船山の体に、キムが軽く腕をかける。サッカーではよくあることで、船山は影響されずに、そのままプレーをする。そして、PA内に入った所で、躓いたのか、両手両足を揃えて倒れる。シミュレーションでもおかしくないが、松尾主審はPKを宣告。

松尾主審は真裏におり、ポジショニングが悪い訳ではなかった。おそらく、キムの手が船山の腰に“触れた”のが、影響したと見えたのか。とは言え、これでPKをとる主審は少ない。

それでも受け入れた千葉には、前監督の鈴木淳氏のフェアさが垣間見えた。

この判定から、試合は審判団に対する不満で壊れてしまうのではと懸念したが、非常にフェアに進む。

 

>>>続き590文字は、www.fbrj.jpをご覧下さい。
FBRJ
では審判批評がほぼ二日に一度更新されています。また隔週でコラムを中心に審判員へのインタビューやノンフィクションも掲載。さらに、石井紘人レポート的なJリーグマッチレポート『Jリーグ紀行』メルマガが月に二回、『夏嶋隆の理論』を月に一回配信されます。ご登録は一ヶ月500円(二ヶ月から1000円から)。
詳しくはサイト右側を。