先日、スカパーにて『Jリーグマッチデーハイライトアディショナルタイム7 レフェリー座談会』が行われた。

印象的だったのは日本サッカー協会(JFA)審判委員長である上川徹が、FBRJでも指摘されていた

「ゴールキックの再開に時間がかかっている」

と述べたことだ。

 

その上川や岡田正義JFAトップレフェリーインストラクターたちの指導により、立ち上がりの判定の大切さは、もはや日本の審判界のスタンダードになっている。

 

「選手と良い関係を作るには正しい判定をする。あとは、良いポジショニングで見るというのが信頼に繋がっている。そういう環境を作るためにも最初の15分は重要です。選手とのコミュニケーションも見えない所でもとっています」(扇谷健司プロフェッショナルレフェリー:PRJFAと契約するプロの審判員)

こういった丁寧な意見に、監督・選手視点で名波浩が切り込む。「ピッチの温度とベンチの温度が全然違う時ありますよね?開始15分でそうなると影響あるのでは?」と。

 

「ベンチが熱を持っていても、ピッチは“俺達は冷静に行こうぜ”という時もあるし、影響あって、(ピッチの)中も苛々してしまう場合もある。

(レフェリーは)そこのやりとりを見ている。

良い悪いではなくて、影響があるのかないのか。ないのであれば、フィールドのなかで彼ら(選手)と進めていく。ベンチ(に関して)は、話に行くのか、距離を保ちながらボディランゲージ使って対応するのかと。」(家本政明PR

 

 

FBRJamebloで運営していた頃、「あの主審は何ですぐに選手をピッチに入れないんだ」という意見が多く上がっていたが、これについても家本が明瞭に説明した。

 

「(一旦フィールドの外に出た選手は入りたいという)メッセージを主審に伝える。そのメッセージを受けてから、色々な状況があるので、入れたいんだけど、目の前でプレーがされている。入ることによって、プレーにすぐに参加して、影響がある。そういうものは不公平だったり、難しい状況が起こるので、そこは主審の判断です。メッセージは受けたんだけども、すぐに入っていいと返すのは難しい。ということもあるので、(フィールドの外に出た選手が)入ることによって、影響がない。かつお互いがコミュニケーションをとれている。という段階を経て、復帰できます。」

 

「長すぎる」「短すぎる」と批判が起こりやすいアディッショナルタイムについても、

 

「丁寧に時計を止めつつ、差をしっかり見て、5分、10分とやるレフェリーの方もいるでしょうし、目安として言われているのが、交代は30秒から45秒くらい。得点だったら30秒から60秒くらい。それ以外はその時の状況に応じて。」

 

と家本が語ると、扇谷も名波を交えて説明する。

 

「長い負傷。これは時間がかかるなというものがあれば、止めます。得点や交代は止めないで、家本さん言われたようにする。昔、(アディッショナルタイムで)名波さんに文句言われたことがあって・・・。」

 

「瑞穂でしょ!?」

 

「それは凄く勉強になって、選手としっかり向き合わないといけないなと。」

 

「でも、アディッショナルを延ばすなら、選手に早く出ろと促す必要はない気もするけど」という名波の鋭い指摘に対し、これも家本がレフェリング同様に理路整然と答える。

 

「(アディッショナルを延ばすのに、選手を急がすのは)ダラダラと交代することによって、負けているチームが苛々する。お客さんの問題もある。スムーズにやる方が、ゲームが円滑に進む。時間は止まるんだけど、協力して貰った方がハッピーになる。」

 

相樂亨PRはオフサイドについて説明した。

 

<意図的なプレーの判断基準>

ディフェンスがボールに向かって移動している場合は、意図的なプレーとする。

*選手がA地点からB地点へ移動したという「客観的事実」を重視して判断する。

 

つまり、ディフェンス方向にいきなりボールが飛んできて、慌ててスイングした場合は意図的とはしない。

さらに、充分な時間があれば、大きな移動がなくとも、ディフェンスのプレーとみる。

以前もFBRJ内に記したように、ハンドに近く、“DFがどう対応したか”が争点となる。

 

 

次に、名波と平野孝が、疑問に持った判定を投げかけた。

 

 

>>>続き1,100文字

■鳥栖×浦和、大宮×浦和戦などの○×、「全てをどちらかに決める必要はない」

は、www.fbrj.jpをご覧下さい。
FBRJ
では審判批評がほぼ二日に一度更新されています。また隔週でコラムを中心に審判員へのインタビューやノンフィクションも掲載。さらに、石井紘人レポート的なJリーグマッチレポート『Jリーグ紀行』メルマガが月に二回、『夏嶋隆の理論』を月に一回配信されます。ご登録は一ヶ月500円(二ヶ月から1000円から)。
詳しくはサイト右側を。
有料モノへのご登録は、直にライターの取材の支援となります!