PKになってもいいような微妙な判定も、残念ながらサッカーの世界では結果に表れてしまう。

今日もご覧になったように2-0の場面で槙野選手がペナルティエリアで倒されたシーンは非常に微妙な判定だと。PKならば2-1に、PKでなければ2-0のまま。残念ながらそういった判定も試合の結果に影響する。残念ながら判定が結果に影響するのもサッカー。

しかし、今日の鳥栖は良く走り、よく戦い、それが勝利に結びついたし、勝利に値するプレーができたのが鳥栖だった」

64分の槙野が倒れたシーン

89分の鈴木への懲戒罰

 

>>>全文900文字は、www.fbrj.jpをご覧下さい。
FBRJ
では審判批評がほぼ二日に一度更新されています。また隔週でコラムを中心に審判員へのインタビューやノンフィクションも掲載。さらに、石井紘人レポート的なJリーグマッチレポート『Jリーグ紀行』メルマガが月に二回、『夏嶋隆の理論』を月に一回配信されます。ご登録は一ヶ月500円(二ヶ月から1000円から)。
詳しくはサイト右側を。
有料モノへのご登録は、直にライターの取材の支援となります!