「世界の身体能力は高い」と本田は試合を振り返ったが、ビース主審の基準がそんな試合にさせた。

 

5分の清武のチャージはボールにプレーできているということでノーファウル。17分のガーナ選手が倒れたシーンも、ファウルアピールするような倒れ方、貰いにいったと判断し、ノーファウルにしたように、簡単にはファウルをとらない。

一方で、40分にはアフターでスライディングした内田に警告を与えたように、懲戒罰は親善試合ということで緩めたりはしない。

61分、カウンターになりそうな所をチャージで止める格好になった長谷部に注意。あからさま感がなかったのが考慮されたのか。逆に、74分、カウンターになりそうな所を裏から引っ掛けて止めた本田に警告。

 

 

試合自体は妥当だったが、43分のオフサイドは、主審がキャンセルすべきだったし、85分のボールアウトも逆だった。A2の副審の判定力には疑問が付いた。

 

>>>FBRJでは審判批評がほぼ二日に一度更新されています。また隔週でコラムを中心に審判員へのインタビューやノンフィクションも掲載。さらに、石井紘人レポート的なJリーグマッチレポート『Jリーグ紀行』メルマガが月に二回、『夏嶋隆の理論』を月に一回配信されます。ご登録は一ヶ月500円(二ヶ月から1000円から)。
詳しくはサイト右側を。
有料モノへのご登録は、直にライターの取材の支援となります!